Vol.003 / April 01,  2010

     
  1/87HOゲージ・サイズの スロットモビルの街角  
  004:スロットモビルとは、自走できるクルマのこと。  
   
 スロットモビルとは、街角模型ジオラマ上のスロットモビル道路を走ることのできるクルマを呼びます。つまり、自走できるクルマにスロットピンを付けるだけで、すべてがスロットモビルになるということです。
 種類としては、「●スイッチを入れたら、走り続ける完全自走型●RCや赤外線iRでコントロールする無線型」の2つの方法があります。それぞれの特長やメリットを楽しむのもスロットモビル・ホビーの自慢です。
   
         
 
動力に使うパーツは●ミッション●エンジン●燃料タンク。
 しかし、前にも書きましたが小さなスケールで動力のついた物は幼児向けの玩具が多く車体がデフォルメされていて、大人のホビーにはなりません。そこで、それらのパーツを利用してリアルな形状のミニカーを走行させることが、大人のホビー、スロットモビルです。
 今後、そのための情報を提供していく予定ですが、まずは現時点での動力を持った小さな玩具系の自動車模型などを紹介しておきます。
 あなたの作りたいスケールにもよりますが、工夫次第で鉄道模型の動力も利用することはできますので、イメージは無限です。
 そのスロットモビル車体の製造過程は、あなたがスペシャリティカーの工房(カロッツェリア)でもあるということになります。特にNゲージのカロッツェリアは自慢できるでしょう。
 必要な部品は●車輪を回す為のギア●モーター●バッテリー、以上の3つです。実車でいうと●ミッション●エンジン●燃料と同じです。あとはスイッチや無線型のコントローラーです。車体選びで一番気になるのが車幅とギアの直径です。デフォルメされた模型の物はやや大きいので意外にも小さい物に使えないのです。そこで、材料集めが重要になります。