Vol.001 / March 15,  2010

 

建物はNゲージのストラクチャー。道路上のクルマは1/87HOゲージ。

 
     
  005:建物を配置する。  
     作例は交差点とクランクのある「街角レイアウト」にNゲージの建物ストラクチャーを配置しました。
Nゲージとしては、片側3メートル、両側6メートルの道路の設定となります。これに歩道や路肩を加えるかを検討します。写真では、まだ地面を造っていませんので、道路より下がっています。この写真では道路上に試験走行用のHOゲージのクルマが置かれていますが、このようにバスやトラックのストラクチャーなど大きな車体ならば動力を搭載して走行させることができるのです。
 もしも、走行をさせる必要がない人は溝(スロット)を埋めて道路ストラクチャーとして仕上げてください。この溝に差し込み式のセンターラインを造っておけば後々、クルマを走行させることもできます。
   
         
 

 左の写真は、道路上にNゲージの自動車ストラクチャーだけを配置しました。これが6メートル道路のイメージになります。この街の周囲に鉄道線路を敷設したり、路面電車の走る街角を造ったり夢をふくらませてください。
 そして、その路面電車などの隣を同時に走る自動車の模型を想像してみてください。
 そのようなジオラマを簡単に実現できる唯一の道路パーツがスロットモビル・ROADシステムなのです。
 今後、この「スロットモビル・マガジン」で、動力を搭載する方法や、路面電車とともに走るジオラマ模型のサンプルをご紹介していく予定です。

次回は「スロットモビルのクルマ作り」の予定です。
ご期待下さい。