Vol.002 / March 20,  2010

     
  スタートセットの道路パーツ全数で組んだの仮組レイアウト  
  003:台座にレイアウト。  
   
 下の写真のようにTOMIX路面用キットが収まることを確認しました。今回の作例では路面電車のレイアウトではなく、単純に小さな街を作ります。この大きさの中に、スロットモビル・スタートセットの道路パーツの全数を組み合わせてレイアウトできました。交差点用のX40が気になる場合は後々S40と交換するば良いでしょう。前号での台座全体を走行した道路よりも複雑な形状になりました。これに街角を作ります。
   
         
 
上のように、路面道路の停留所部分のパーツも入ります。

 左の路面電車の街角なら、地方都市を演出できますね。最近は富山県のトラムのキットが出てきました。
 また、下半分だけ路面線路にし、上半分を鉄道線路にすれば江ノ電などの海岸線ありの情景も作れます。
 従来もそのようなジオラマは作れたわけですが、このレイアウトの中心の部分は停まった街でしかなく、ストラクチャーもスペースももったいなく感じていませんでしたか?
 このように街の中の道路をクルマが走る事を想定するとアイデアも夢も沸いてきませんか。
 たったこれだけの大きさであっても、目次でお見せした動画のように街の奥行きやドラマが感じられてきます。ローアングルで覗いた時にいままで、見なかった所まで焦点を合わせることになるでしょう。