Vol.002 / March 20,  2010

     
  400 x600の台座に Nゲージ・サイズの線路レイアウトをする。  
  002:あとあと路面電車も走らせたい。  
   
 台座40 x 60cmの中に線路をレイアウトします。天地左右は中心に置けば良いだけですが、ふと、TOMIXの路面電車用のパーツキットを後々利用できないかと考えました。そこで、材料を仮組してみましたら、ちょうどこのサイズに収まることが解りました。下の写真のキットがそれになりますが、上のレイアウトの周囲を全て路面電車用の道路とするには、2セットが必要です。
   
         
 
作例では、交差点とクランクのある「街角レイアウト」ができました。

 このTOMIXの路面用パーツキットはカーブ部分が、半径103mmから、外側に3重に大きなカーブで作る事ができるパーツが入っています。
 しかしカーブは180度分で直線部140mmは4セットしかなく、全周回分にする為には直線部だけでも7セット必要になるからです。キット2箱のパーツを使えば、全周路面電車の走る街角が作れます。
 さて、そのジオラマ模型の街の中心部は、建物と停車したクルマが置いてあるだけで、あなたは満足できるのでしょうか?。
 多くの鉄道模型ジオラマはその大きさの大半をストラクチャー置き場とするしか無かったようです。もしも、その街角の中に動きを演出できたら、いや、入って行けたら、そんな事を考えた人は多いと思います。しかし、そこには大きな課題が多くありました。